婚活に疲れたから、もうやめたい!そんなときに試したい4つ心理ケア

こんにちは。心理カウンセラーのクリスです。

今日の気分はいかがですか?

「婚活、もう無理です・・・」とつぶやく男性がいました。

以前の元気な彼とはまるで別人で、心底疲労しきった様子です。婚活をはじめた当初は頑張っていました。けれど、あれから数か月・・・。結果が出せず、今は何をどうしたら良いのか、まったく先が見えなくなってしまったようです。

おそらく同じような思いで婚活疲れを感じている男性は少なくないでしょう。そして婚活への取り組み方を試行錯誤しても現状は変えられず、「もう限界」という心の叫びが聞こえてきそうです。

あなたは婚活に疲れて、心が折れそうになっていませんか?

そこで今回は、婚活でなかなか出会いが叶わず、精根尽き果ててきた時の、その対処法をお伝えします。ポイントは次の4つです。

  • 一度婚活から離れてみる
  • マイペースを取り戻す
  • 人と自分を比べない
  • 自己否定をやめる

それでは早速1つ1つ見ていきましょう。

一度婚活から離れてみる

もしあなたが、婚活をしながら「もう気力がでない」と感じたら、一度婚活から離れてみることです。

一度立ち止まり心の軌道修正をすると、婚活の迷路から抜け出す道が見えてきます。再び婚活に前向きになるエネルギーが、しっかりチャージできますよ。

私の所にくる相談者の方でも「なかなか立ち止まれない人」がいます。婚活を「立ち止まってはいけない」「休んでは遅れてしまう」と信じ込んでいます。

会うたびに顔色は悪くなり、見るからに覇気がありません。でも本人は不安が多過ぎて、立ち止まって考えてみることには到底気持ちが及びません。

これでは荒波の中で泳ぎ続けているようなものです。

不安を抱えたまま、婚活でいろいろな女性に会い続けても、おそらく成果は期待できません。本人に活力がなければ、本来の魅力は表に出てきませんからね。

まず、婚活から離れて、ひとりの穏やかな時間を過ごしてみましょう。「どうすればも
っと頑張れるのか」ではなくて、とにかく休むことです。そうすると心がゆるみ、やっと冷静に自分を見ることができます。

自分が本当に望む相手や、望む環境、人生でやりたいこと等、いろいろな前向きな考えが湧いてくるでしょう。婚活から離れてみないとわからなかったことです。

今も、不安や迷いを抱えているとしたら、一時婚活から離れてみましょう。

マイペースを取り戻す

婚活に疲れ切った時は、自分のペースを取り戻すタイミングです。

家族や周囲の人の「もっとがんばれ」「まだダメなのか」という声を気にして婚活に向かっても、さらに気力は失せてモチベーションは下がる一方です。

あなたとしては「放っておいてくれよ!」というのが本音ではないでしょうか。

あなたは自分なりに懸命に婚活に励んでいますよね。それなのに、さらに「ああしろこうしろ」と言われたら余計にイライラは募ります。「婚活に関しては自分でやるから、静かにしていてほしい」と真剣に伝えた方が良いかもしれません。

そのため、周囲から何か言われても「もっとやらなきゃ」「期待に応えなくては」とさらに自分にプレッシャーをかけないようにしましょう。

あなたがこれ以上疲れないためには、いろいろな人からのアドバイスはもらいながらも、婚活はあくまで自分のペースで進めることです。

人と自分を比べない

婚活において自分と他の男性を比べることは、不幸のエネルギーを呼び込みます。

「婚活で苦労している自分」を他の男性と比べれば、落ち込む要素ばかりが目についてしまいます。

「自分よりあの男性の方が女性と楽しそうにしている」「自分より後から婚活を始めた人がもう結婚している」というのは、比較をしてしまう人の典型的な例です。

自分が誰かより劣っていると考えることは、自分を落ち込ませること以外に、何の役にも立ちません。また、自分が誰かより優れていると考えることは、それ以上の誰かが出てきた時に、また落ち込むだけです。

他人を気にしている人の顔は険しくなりがちです。そして自分の良さは表に出てきません。一方、自分のことに集中している人は、パワーに溢れています。

人と比べることをやめると、今までの疲れがフワ~っと体から抜けていきます。そうしたら少しずつ自分に自信が持てるあなたになれますよ。

もし婚活に疲弊していたら、自分を他人と比べることをやめてみましょう。

自己否定をやめる

婚活疲れの、その最も大きな原因は自己否定かもしれません。

人の心が最もダメージを受けやすいのは「否定される」ことです。ただ、他人から否定されることは、悔しくてもまだ辛抱できます。しかし一番ダメージが大きいのは「自分で自分を否定してしまう」ことです。

婚活疲れで疲弊しているあなたは、気づかないうちに「自己否定」に陥っている可能性があります。気づかないから余計に厄介です。

そして自己否定がクセになると、本当につらくなります。なぜかというと、周りがあなたをどんなに褒めても、あなたがどんなにすばらしいことをしても、結局は自分で自分を否定してしまうからです。

「自分は何をやってもダメだ」「どうせ出来っこない」「うまくいくはずがない」などのように、自分に言い聞かせているのですから、それはつらいですよね。

精根尽き果てるほどの疲れから抜け出すには、自己否定をやめることです。

まとめ:誰しも婚活疲れは起きるもの

今回は、婚活疲れの男性に向けて、疲れへの対処法についてお伝えしました。

「疲れは万病の元」ともいえるでしょう。本当に心と体の病気につながる可能性がありますからね。

しかし私クリスも、かつては疲労人間でした。休んだり、自分を見つめ直す時間は無駄だと考えて走り続けました。その結果は引きこもりと数年間のメンタル不調でした。つらいということを表現する気力もなく、表情は能面のようだったかもしれません。

疲れを無視して頑張ることのしんどさを、自分なりに体験しました。

ですから、もしあなたが婚活で疲労困憊しているとしたら、まず冷静に自分をチェックしてみてください。そして自分の心の在り方がマイナス方向に向かっていると気づいたら、まず立ち止まってください。

そして今後のことを落ち着いて考えてみれば、そこからまた新しい改善の道が見えてくるでしょう。

「婚活に疲れた」というのはあなたの正直な心の声です。その声は決して無視せず、一度立ち止まって、自分を見つめ直してくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚できるか不安・心配な30代男性のための対処法レシピ

マリッジブルーになりやすい男性は責任感が強くプレッシャーに弱い

男性が婚活中のマイナス思考から抜け出す方法。それはゼロを目指すこと

婚活はしたいけど、自分に自信が持てない男性はどうしたらいいの?

テキストのコピーはできません。