結婚相談所が主催するパーティーとお見合い、どっちがいいの?

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。

婚活するのにパーティーがいいのか、お見合いで相手を探すか、どっちが自分に向いているのだろうかと思ったことはありませんか?

結婚相談所での出会いには、2通りのパターンがあります。1対1のお見合いと、パーティーへの参加です。

結婚相談所の方針によっては「必ず1回はパーティーに参加をして、雰囲気を感じ取って自分の立ち位置を知ってもらう」というところもあります。

でも基本的には会員さんの意向が一番大切で、重要視されるべきことだと思います。

そこで今回はパーティー参加に向いている人はどんなタイプの人なのか、お見合いでお相手探しをした方がよい人はどんなタイプの人なのかをご紹介しますね。

婚活パーティーに向いている人

婚活パーティーに参加して結婚のお相手探しに向いている人は、次のいずれかが当てはまる人です。

  • おしゃれで社交的
  • 条件重視ではなくフィーリング重視
  • なるべく多くの女性と出会いたい人
  • 外見に自信があり、スマートな立ち振る舞いができる人

では、つぎにそれぞれについて少し補足しますね。

おしゃれで社交的な人

おしゃれに興味がある男性はファッションの話題に関心が高く、総合的なバランスもとれている人が多いです。

バックや靴などの小物選びのセンスも良く、女性に見られることや清潔感に関する意識が高いことは婚活中の有利な要素になります。

条件重視ではなくフィーリング重視

お見合いでのお相手探しは「まず条件から」になることが多いですが、パーティーでは気軽に会話できることから「相手とのフィーリング」が重視されやすいです。

なるべく多くの女性と出会いたい人

お見合いは1対1ですが、パーティー参加の場合1対複数となるので「なるべく多くの女性と出会い、話をしてみたいな」という人にはパーティー参加がおすすめです。

外見に自信があり、スマートな立ち振る舞いができる人

ルックスに自信があって女性に対してスマートな立ち振る舞いができることは、おしゃれで社交的な人と同じくらい婚活中の有利な要素になります。

婚活パーティーは、どんな場所で開催されるの?

結婚相談所が主催する婚活パーティーなら、誰もが知っている大きなホテルが会場となることが多いです。

多くの場合、昼食にかけての時間帯に開催されることが多くビュッフェ形式で食事を楽しみつつ、自由に会話を楽しめるスタイルです。

中には司会の人がゲームを取り入れながら、楽しくパーティーが進行していくというものもあります。

お見合いが向いている人

お見合いが向いている人は次のような方です。

  • 内向的な人
  • 注文をする料理が、なかなか決められない人
  • 条件を把握したうえで、お相手の人柄も知りたいと思う人
  • 外見に何らかのコンプレックスを抱えている人

前述した「婚活パーティーが向いている人」のタイプと反対の人ということです。それぞれ、4つについて説明しますね。

内向的な人

内向的な人は自分から積極的に会話を楽しんだり、自己アピールをしたりするのが苦手な人が多いです。

ですからパーティーに参加をしてもあまり上手に話ができなかったり、壁際にポツンと立っているだけの状態になってしまうと「せっかくお金と時間をかけて参加したのに。こんなんじゃ、早く家に帰りたい」と思いながら時間を過ごすのは、もったいないです。

注文をする料理が、なかなか決められない人

「飲食店などのメニューから、なかなか料理が決められないことと婚活パーティーが結びつくの?」と思う人がいるかも知れませんね。

どうしてこのようなことが言えるのかというと、「なかなか決められない」のは選択肢が多過ぎてしまうと、目移りしてしまいやすいからです。

婚活パーティーは1対複数という出会いのパターンです。短い時間しか会話の時間が設定されていない状態で、「どの女性がよいと思ったか」を決めなくてはならず、「誰にしよう」と迷っている時間などないからです。

条件を把握したうえで、お相手の人柄も知りたいと思う人

パーティーの中では、お見合いでの出会いほど相手の女性のパーソナルデータが把握できません。

だから「お相手のパーソナルデータ」と「お相手の人柄」、「自分とフィーリングが合うか」をきちんと知りたいな、と思う人はお見合いが向いていると言えます。

外見に何らかのコンプレックスを抱えている人

外見に何らかのコンプレックスを抱えている人は、パーティー参加でのお相手探しよりもお見合いの方が向いています。

「僕はパーティーに参加している他の男性と自分を比べてしまい、暗い気持ちになったり、落ち込んでしまうタイプだな」と思うならば無理をしてパーティーに参加せず、お見合いで良縁を探す方がよいのです。

婚活パーティーの落とし穴に気をつけて!

婚活パーティーに参加をすれば性別を問わず、誰でも好みのタイプの異性を最初に探しますよね。

好みのタイプの人が見つかったら、その人を覚えておいて自分をアピールすればよいのですが、問題は「この人と話してみたい!」と言えるほどの異性に会えなかった時。

その時は参加者の中から一番気になった異性を選ぶことになりますよね?

「時間とお金をかけて参加をしている分、自分の好みのタイプや希望とする人に最も近い人で妥協してでもカップルになりたいな」と思ってしまう人もいるかも知れません。

特に注意が必要なのは、負けず嫌いなタイプの人です。「参加者の中で、僕だってカップルになりたい」という気持ちになってしまうのは分かります。

その時には「勝ち組に入れたぞ!」と思うかも知れないのですが、次の日の朝になってみたら「あれっ、どうしてあの人とカップルになってしまったんだろうな」と思ってしまう人もいるのです。

ですからこのような婚活パーティーの落とし穴には、くれぐれも気をつけてくださいね。

まとめ:参加は性格で見極めを

パーティーに参加をするか、お見合いでお相手探しをするかは自分の性格で見極めるのがよいです。

パーティーに向いている人の方が婚活に有利で、お見合いでしかお相手探しをしない人は不利ということではありません。

お相手選びの方法として、パーティーとお見合いの「どっがいいか」ということだけです。

次の記事「婚活はしたいけど、自分に自信が持てない男性はどうしたらいいの?」の中の

  • 自信には3つの種類があること
  • 自信を持てるようになるには、どうしたらいいのか
  • 自分に自信が持てることで、婚活の中で起こる、「いいこと」は何?

を復習してみてくださいね。

あわせて読みたい記事
こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。 第一印象をよくした方がよいことは分かったけれど、「いまいち、自分に自信が持てないんだよな...

諦めることはありません。自分のペースで、少しずつ変化し、幸せに近づくための努力を続けてみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚相談所で結婚できる確率は?成婚率を聞き出す正しい質問とは?

結婚相談所に入会をする時に必要な書類は?費用の相場はどのくらい?

婚活プロフィールの書き方に悩んでいるなら、ポイントを押さえて書く

テキストのコピーはできません。