男性が気をつけたい、お見合い・デート・食事でのマナーと費用負担の割合

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。

お見合いを終えた後、「もう1回、会えたらいいな」と感じ、女性も同じ気持ちなら交際(デート)にステップアップします。このデートで、男性が気を遣いたいマナーがいくつかあるのをご存知でしょうか?

お見合いから初めてのデートは不安と緊張もあると思いますが、わくわく・ドキドキもありますよね?

このとき男性は女性をリードする側になるので、「お互いに楽しい時間が過ごせるように」配慮をしなくてはいけません。

自分は楽しめたけど、相手がそうでないのはダメですし、逆に女性はデートを楽しめたけれど、男性側は疲れただけで終わってしまったでは、良い結果にはつながらないことが多いのです。

そこで初めてのデートから2回目、3回目のデートにつながるように、男性が気をつけたいお見合い・デート・食事でのマナーと費用負担について思うことをまとめてみました。

お見合い後の返事から、交際に至るまで

お互いが所属している結婚相談所に、お見合い終了後から翌日の午後2時くらいまでに自分の気持ちを素直に伝えます。

お互いに「また、お会いしたいです」という返事だった場合のみ、結婚相談所の担当者よりお相手の連絡先が知らされ、男性の方から女性に「次に会う日をいつにするか」というデートのお誘いの連絡があります。

お見合いをして、自分が所属する結婚相談所から何の連絡もない場合は残念ながら、お相手の返事は、お断りの返事がきていることになります。

車で目的地まで移動する時に気をつけたい3つのポイント

車内の匂い

下記の記事で「女性は音と香りには敏感なので、整髪料や香水の香りも強すぎないもので、ふんわり香る程度のものを選ぶとよいです。」と書きましたが、これは車内も同じです。

あわせて読みたい記事
こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。 初めてのお見合いの時、「第一印象をよくするには、どんな点に気をつけたらいいのかな」と思っ...

お見合いの場所は、必ずしも目的地まで男性の車で移動するとは限らないのですが、デートとなると男性の車に女性が同乗し移動することが多くなると思います。

汗やタバコの匂いはしていないか、車の芳香剤は強く香り過ぎないかをチェックするようにしてくださいね。

車内を飲食禁止、土足禁止にしない

車が好きな男性は、車内を飲食禁止、土足禁止にしたりしていることもあると思いますが、婚活中や結婚後は、これはやめた方がいいです。

その理由は、「神経質な人なのかしら?」、「結婚してから、大変そうだわね」という印象を女性に持たれてしまう可能性があるからです。

トイレ休憩

女性は親しい関係になっても、なかなか「トイレに行きたいのですが」とは言い出すことができないものです。

だから、男性は車での移動中も1時間30分~2時間を目安にトイレ休憩を入れるようにするとベストです。

トイレに行く以外にもお化粧を直したり、制汗剤を使ったり歯に食後の海苔などがついていないかなどを確認したいなど、身だしなみをチェックしたいと思う女性は多いのです。

また男性もトイレ休憩の時に鏡を見て、身だしなみをチェックすると良いでしょう。

デートのプラン、食事の費用負担は、どうしたら良いのか?

デートのプラン

デートのプランを決める時は、男性がリードをした方がよいと言っても、行き先や食事をするお店などを男性が勝手に決めてしまうのは考えものです。

だからと言って、「どんなところに行きたいですか?」とぼんやりした質問をするのも良くありません。

例えば、「○日の天気予報は曇りなのですが、地域の情報誌を見たら○○の花が綺麗に咲いているということなので、少し肌寒いかも知れませんが、出掛けてみますか?」、「○日は天気があまり良くないので、屋内中心のプランを考えています。○○美術館で○○の作品展が開催されているので、そこに出掛けてみますか?それとも○○さんが行ってみたいところや、おすすめの場所はありますか?」と具体案を混ぜつつ聞いてあげてください。

また、食事であれば「ランチは、どんなものが食べたいですか?」と聞かず、「ランチは和食と洋食だったら、どちらがお好みですか?」、「この辺りは和食のお店が多いですね。定食のメニューが多そうなお店とお寿司では、どちらがお好みですか?」など、いくつか候補を挙げて女性が決めやすい状態で、その中から選んでもらうとよいでしょう。

下記の記事の「4つ質問でひも解く過去の失敗」のQ1でも触れましたが、女性は初めてのワクワク・ドキドキとか、サプライズの演出が大好きです。

あわせて読みたい記事
こんにちは。心理カウンセラー、元マリッジカウンセラーのエレナです。 私たちは何度も出会いと別れを繰り返しながら、年齢を重ねます。 子...

だから女性をリードする立場の男性は、女性のこのような気持ちを尊重したデートプランを立て、食事をするお店を選ぶことが大切なのです。

女性としては「あまり高いお店でもダメだし、あまり安っぽいお店でもなあ。ああ、分からなくなっちゃう」という人もいます。

また初めてのデートで可能ならば避けたいお店は、ラーメン屋さんです。ラーメンが安っぽい、悪い食べ物という意味ではありません。

ラーメンを食べる時にピチョッと、つゆが跳ねてしまったりする時もありますよね? 人によっては鼻水が出たりすることもありますよね?

女性は特に初めてのデートでは、「ラーメンのつゆが跳ねたままの洋服を着ているのは嫌だな」、「鼻水が出ちゃうことを気にしながら、ラーメンを食べたくないな」と思う人は多いもの。ある程度、お互いに気心が知れてからラーメン屋さんに行くのはOKです。

ちなみに女性の「何でも」「どこでも」は、本当の意味での「何でも」「どこでも」ではありません。わたしが好きなところ、嫌いじゃないところならという条件付きの「何でも」「どこでも」なのです。この点には注意してくださいね。

食事のマナー

女性は「麺類であれば、パスタのお店に行きたい」という人も多いと思いますが、男性の中にはスパゲティーを食べるのが苦手な人もいるのではないでしょうか?

お皿から適量のスパゲティーをフォークで取って、スプーンの上でクルクル丸めて食べるのができなくて、麺類のように食べてしまうのはNGです。

休日のランチにでも自宅でスパゲティーを作って、スパゲティーを上手く食べるコツをつかんでみるのもよいです。努力は、嘘をつきません。

食事のマナーには育ちが見え隠れしてしまいますから、クチャクチャ音を立てて食べたり、和食では料理が入った器をお箸で近づけたり、お箸で食べ物を刺して食べたりのようなマナー違反は直しておくべきです。

長年の習慣なので直すのは時間が必要ですが、食事のマナーが悪いと「結婚して一緒に暮らすとなると、無理かなぁ」と思われてしまいます。

デートや食事の費用負担

お見合いの時のお茶代は全額、男性が負担するのが基本です。

デート中の食事代、テーマパークなどの入場料にかかる費用、お茶代などの費用に関しては、デートにかかった費用の70%を男性が負担し、30%を女性が負担するくらいの割り合いになるようにするのが良いかと思います。

結婚相談所の業界内でも、そこまで細かな具体的目安はありません。

男性がお見合いやデートの費用を負担する額が女性よりも多くなってしまうのは、お給料の差もありますが、頼りがいを感じてもらったり、今後、家庭を持つ身としてリードするというような意味合いもあるのです。

どのように考えればデートにかかった費用が7:3になるかという目安を1つご紹介します。

まずデートの食事代、テーマパークなどの入場料にかかる費用を男性が負担します。女性は目的地までの移動中の飲み物・お菓子代、デート中のお茶代にかかる費用を負担する。そうするとおおよそ7:3になります。きっちり7:3にならなくても「おおよそ」この枠内に入るかなという程度で考えることも大切です。

男性の中には「お給料日前でも、僕が払うんでしょうか?」という人がいますが、女性はケチな男性を嫌う傾向にあります。

もしも、お給料日前でデートの費用を捻出するのが厳しいという場合は比較的広い、大きな公園でのデートを提案するのがよいと思います。例えば東京で言えば、上野公園や井の頭公園などですね。

テイクアウトのお弁当を持って行って公園内を散歩し、ランチを食べて、のんびりとおしゃべりをして帰宅する。たまには、そんなデートもよいものですよ。

まとめ:デートの要は、あなたの気配り

デートの要を、一言で表現するならば「気配り」という3文字につきます。

デートで「あぁ、楽しかった」と思えることも大切なのですが、「この人との結婚を考えることができるのか」という視点は男性も、忘れてはいけません。

お互いに結婚を前提としたお相手を選びは真剣で、「僕も相手を選んでいるけれども、それは女性も同じ」ということは頭の片隅にいれておくとよいですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お見合いで第一印象をよくする3つのポイントとは?

テキストのコピーはできません。